So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

パーフェクトダーク使い「鋼の錬金術師」流出(読売新聞)

 ファイル共有ソフト「perfect dark(パーフェクトダーク)」を使ってテレビアニメをインターネット上に流出させたとして、京都府警は27日、埼玉県上里町神保原町、レンタカー会社アルバイト丸橋隆行容疑者(37)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で逮捕した。

 同ソフトの利用者の逮捕は全国初。

 発表によると、丸橋容疑者は今月4日、アニメ「鋼の錬金術師」の録画映像を自宅のパソコンからネット上に流し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。

 同ソフトは、2006年に国内で利用が始まり、「Winny(ウィニー)、Share(シェア)の後継ソフト」と評される。利用者は約600万人という。

小沢氏聴取 民主、大混乱も 「強気と不安」交錯(産経新聞)
閣僚好き勝手…答弁拒否したりヤジったり(読売新聞)
朝日新聞に「阿含宗のイベント」 大手マスコミ「宗教広告」増加?(J-CASTニュース)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
広瀬遺跡 水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)

<行方不明>3人乗り漁船が操業中に消息絶つ 北海道・白糠(毎日新聞)

 29日午前7時47分ごろ、釧路海上保安部に北海道白糠町の白糠漁協から、同所属のタラ刺し網漁船「第8幸福丸」=9.7トン、巣英雄船長(56)ら3人乗り組み=が帰港予定時間を過ぎても戻ってこない、との連絡があった。同海保では巡視船や航空機などで捜索している。

 同海保などによると、巣船長以外の乗組員は成田忠さん(66)=釧路市入舟=と小林利夫さん(55)=同市新富士町=の漁船員2人。第8幸福丸は28日午後6時ごろに、僚船8隻とともに白糠漁港を出港し、同漁港沖約23キロの太平洋上で漁をしていた。風が強くなったことから僚船は同日午後11時ごろまでに帰港したが、同船は帰港予定の29日午前3時を過ぎても戻らず、電話にも応答がないという。

 同漁協では29日早朝から僚船31隻で付近の海域を捜索したところ、午前8時半過ぎに船名入り魚かごなど第8幸福丸の物と思われる漂流物や油の流出を確認した。同海保とともにさらに捜索を続けている。【山田泰雄】

京都市バス、電柱に衝突…9人けが(読売新聞)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
札幌の女性殺害、遺体に雪をかぶせた形跡(読売新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)

<訃報>夏夕介さん59歳=俳優(毎日新聞)

 夏夕介さん59歳(なつ・ゆうすけ<本名・田浦久幸=たうら・ひさゆき>俳優)27日、胃がんのため死去。葬儀は31日午前11時、東京国分寺市並木町2の33の13の鳳林院。喪主は妻めぐみさん。

 1969年、グループサウンズ「オックス」のキーボード奏者としてデビュー。その後、俳優に転じた。「純愛山河 愛と誠」「特捜最前線」などのテレビドラマのほか、映画や舞台でも幅広く活躍した。娘は宝塚歌劇団の愛花ちさきさん。

<広瀬遺跡>水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪(毎日新聞)
「法的決着」重ねて表明=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
<書道>平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)
新警視総監「正しい人の力に」(産経新聞)

テープで指紋変え入国、韓国人の女2人逮捕(読売新聞)

 神奈川県警は25日、いずれも韓国籍の女性で住所不定、無職の牟英兒(モヨンア)(31)、裴恵貞(ペヘジョン)(32)の両容疑者を入管難民法違反(不法入国・不法在留)容疑で逮捕した。

 2人は過去に強制退去になっていたが、特殊なテープを張り付けて指紋を変え、空港の生体認証バイオ)による審査をくぐり抜けて再入国していたという。

 指紋をスキャナーで読み取り、本人確認を行うバイオ審査は、2007年11月に導入されたが、翌年、同様の手口ですり抜けられたケースが発覚。法務省は09年から入国審査官が本人の指紋を目視するなど対策を強化しており、さらに警戒を強める。

 発表によると、2人はそれぞれ08年5月と10月、他人名義のパスポートで、韓国から羽田空港に不法に入国し、日本に滞在した疑い。

 同省が、くぐり抜け対策を強化する以前に読み込んでいた指紋を調べた結果、2人の不審な指紋を発見。同省で行方を追っていたところ、昨年12月末、「仕事がなく、帰国したい」と2人が東京入管の横浜支局に出頭したという。

 2人は08年1月、同県内の飲食店で働きながら不法残留していたところを摘発され、強制退去処分を受けていた。処分後、5年間は再入国できないが、2人は日本で働くために再入国したといい、「指紋テープで入国したが捨てた」などと供述している。

 同県警によると、偽造した指紋と旅券による不法入国の相場は百数十万円という。同省は今年度中に、指先の異物も感知できるスキャナーに更新するなど、さらに対策を強化する方針だ。

石川容疑者の同期議員ら結成 「考える会」活動停止(産経新聞)
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)
寺に強盗、200万奪う=住職ら電気コードで緊縛−京都(時事通信)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
羽賀被告「生涯の友」メール…元歯科医側は冤罪主張 偽証罪初公判(産経新聞)

いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)

 フワフワとした白い毛皮に、「メー」と鳴く姿が愛らしい。昨年11月に京都市動物園(左京区)に新たに仲間入りしたヒツジの「にっき」と「まっちゃ」。追いかけっこをしながら仲良く遊ぶ2頭の姿に、来園者からは「かわいい」との声があがる。

 にっき(1歳、31キロ)とまっちゃ(11カ月、38キロ)はともにメスで、奈良の牧場で誕生した。生まれたときから大の仲良し。人なつっこいにっきが、少し引っ込み思案のまっちゃをサポートするという間柄。来園者が動物と触れあえる「おとぎの国」で暮らしている。

 厚い毛皮をまとったヒツジは気温0度でも平気といい、来園者らが寒さに洋服の襟をたてる中でも頭をぶつけ合ったり、じゃれあったり。飼育担当者は「まだ来たばかりで人に慣れていないが、多くの人に愛されるようになってほしい」と温かく見守っている。

【関連記事】
いしかわ動物園がトキのライブ映像公開
札幌・円山動物園のフクロギツネ「かあさん」死ぬ
野生のトラ絶滅危機 100年で10万頭→4000頭に
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
目玉の“万博パンダ”が上海へ 四川省から空輸

帝京大ラグビー部が市長を表敬(産経新聞)
長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
<脱税容疑>左官会社「フタ村」が4500万円 国税局告発(毎日新聞)
<診療報酬改定>勤務医の負担軽減…骨子案まとまる(毎日新聞)

<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)

 地球史を地質学的に区分する地質年代で、現在を含む最も新しい「第四紀」の始まりが、181万年前から258万年前に変更されることが固まった。日本地質学会など関係4団体が20日、明らかにした。22日のシンポジウムなどを経て最終決定する。教科書や地質図の修正が必要となり、教育や土木・地質コンサルタントの業界は対応を迫られる。

 地球46億年の歴史は、化石や地磁気の記録などから地質年代が区分されている。このうち第四紀は主に「地球全体の寒冷化が始まった時期」として定義され、北半球での氷床の形成時期などを基に181万年前に始まったとしてきた。その後、海底の堆積(たいせき)物などの調査から、約80万年さかのぼることが分かった。

 十数年前から各国の専門家が議論を重ね、09年6月に国際地質科学連合が見直しを発表。日本の学会も対応を検討し、受け入れ方針を固めた。

 258万年前ごろは、北米と南米がつながって海流が変化し、北半球での氷床が拡大した。地球全体の寒冷化が始まり、その後、氷期と暖かい「間氷期」が繰り返されるようになった。

 日本地質学会理事の井龍康文・名古屋大教授は「科学技術の進歩で、過去の地球環境への理解が深まり、変更につながった。これらの蓄積は、将来の地球温暖化予測にも利用できる」と話す。【須田桃子】

雑記帳 京都・三十三間堂で「通し矢」(毎日新聞)
認証保育所補助2億増加 都、待機児童の解消目指す(産経新聞)
インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)
阪神大震災後の啓発、防災意識底上げ 産経・群馬大が調査(産経新聞)
<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)

民家侵入、警察官の前で放火…近くで11棟火事(読売新聞)

 16日午後10時50分頃、大阪市東成区大今里2の空き家から出火、隣接する住宅など計11棟、約590平方メートルを焼いた。

 その約50分後、現場から南東約300メートル離れた同区神路4の木造2階建ての民家に不審な男がいると110番通報があった。東成署員が駆けつけたところ、住所不定、無職の古山浩二容疑者(51)が逃げようとして、署員の目の前で民家の室内にあった灯油をまいてライターで火を付けたため、現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕した。

 この放火で民家1階玄関付近のじゅうたんとげた箱を焼いた。

 1件目の火災では火の気がなく、同署は古山容疑者との関連を調べている。

 現場は地下鉄千日前線・新深江駅の北側の住宅街。

法制局長官に梶田氏(産経新聞)
参院選、小沢氏の陣頭指揮で=首相(時事通信)
<警察庁長官>貴金属店に防犯指導、実施を表明(毎日新聞)
王将戦七番勝負、第1局は久保が勝つ(産経新聞)
<中山間地>振興へ新法…参入企業に金融支援 農水省検討(毎日新聞)

荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」−静岡地裁(時事通信)

 同業の男性を刺殺したとして殺人罪に問われた元港湾荷役業田辺勝三被告(67)の裁判員裁判で、静岡地裁(長谷川憲一裁判長)は15日、懲役17年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。弁護側は懲役13年が妥当と主張していた。
 判決は「強固な殺意に基づき残虐」と指摘。仕事などをめぐるトラブルで被害者に行き過ぎがあったと認定した上で「殺害するほどの事情はない」とした。
 公判では、田辺被告が遺族に「13〜15年で(刑務所を)出てこられるので、再会できるまで長生きしてください」との手紙を書いたと明らかにされた。裁判員を務めた自営業の30代男性は判決後の記者会見で「(裁判官だけなら)懲役15年になった可能性があり、自分たちが参加した意義があった」と感想を述べた。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
量刑データ、主文に誤りも=入力ミス新たに19件

<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
取材対象者の車に無断で発信器…TBS謝罪(読売新聞)
首相「試練だ」 国会開会で危機感(産経新聞)
未成年の患者が半数下回る―新型インフルで感染研推計(医療介護CBニュース)

<理研>元研究員らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 独立行政法人「理化学研究所」(理研、埼玉県和光市)の物品購入を巡り背任罪に問われた元主任研究員、和田達夫被告(53)に対し、東京地裁は12日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。深野英一裁判官は「悪質で身勝手な犯行だが、被害額を返済し反省している」と述べた。

 共謀したとされる研究用機材販売会社「秋葉産業」(東京都豊島区)の社長、嘉藤悦男被告(76)には懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)を言い渡した。【安高晋】

東大より京大…不況反映で受験「地元・安全・資格」志向 (産経新聞)
婚活サギ女、不審死で通算6回目の逮捕(スポーツ報知)
悪天候 強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
OBら関係者それぞれに責任=日航法的整理で鳩山首相(時事通信)
<公設派遣村>「200人所在不明」に反論 市民団体(毎日新聞)

鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)

前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。